banner

太陽光パネルを乗せる屋根の傾斜角

太陽光パネルを屋根に載せている家を見ると、パネルは水平ではなく角度を付けて乗せられています。
パネルは、どのくらいの角度で、どの向きで設置するのが良いのでしょうか?
向きに関しては、南向きに設置するのが一番良いです。
太陽高度(水平線と太陽のなす角度)は1年を通して変わってきます。
夏は高角度に、冬は低角度になります。
なので、この角度に合わせて太陽光パネルも変えていくのが一番良いのですが、それは現実的に無理ですね。
最適な設置角度を決めるには、2つの方法があります。
まずは、1年を通しての総発電量が最大となるように決める方法です。
二つ目に、1年を通して最低となる時(冬が多い)の発電量が最大となるように決める方法があります。
例えば、東京での場合、次のように考えることができます。
屋根の傾斜角が30度だとします。
これは太陽光パネルを乗せるのに理想的な角度になりますが、この角度を100%だとすれば、20度になると98.2%の太陽光の確保率となります。
そして、向きについては真南が最適ですが、この向きが100%だとすれば、南東と南西になると95.1%に、真東と真西になると82.8%の確保率になります。
なので、南向きにすると陰になるのであれば、北以外の向きにしても良いでしょう。
太陽光の確保率は、97.8%~95.1%が理想だということです。
パネルの向きと方角を工夫して、理想地に近づけるようにしましょう。

仕様されている太陽電池に耐用年数

ソーラー発電システムに関する一般的な質問と答えを集約しました。
ソーラー発電システムに使用されている太陽電池に耐用年数はあるのでしょうか。
太陽電池モジュールの耐用年数は、平均すると20年以上だとされています。
但し、30年以上や半永久的という業者もあるため、依然として明瞭に定められているわけではないのです。
他にも、取り付ける箇所や取り付ける条件によって耐用年数が変動するのが実状です。
ソーラー発電システムになくてはならない周辺機器には何があるのでしょうか。
ソーラー発電システムを作り出している周辺機器には、太陽の光エネルギーから電力を生み出す太陽電池モジュール、
生み出した直流電気を、住宅で使用することが可能な交流電気に変えるパワーコンディショナー、
交流電気をそれぞれの部屋に供給する分電盤、売電する量と買電する量を計測する電力メーターが必要となります。
太陽電池モジュールの種類にはどういったものがあるのでしょうか。
太陽電池は大別すると、化合物系の太陽電池とシリコン系の太陽電池があります。
化合物系には単結晶と多結晶の2つの種類があり、それぞれ特性や性能が違います。
シリコン系も、アモルファスと結晶系に分類され、結晶系は更に単結晶と多結晶に分けられます。
現在、一番普及し使われているのが単結晶シリコンと多結晶シリコンです。
他にも、一番電力を生み出す効率に優れているものは単結晶化合物で、値段も高価となっています。
単結晶化合物は人工衛星などに使われているのです。
太陽光発電サイトの解説でよく見聞きするkwhとは、どういった単位なのでしょうか。
kwhという単位は、キロワットアワーと呼ばれているもので、1時間あたりの推計電力量を表しています。
なお、kwという単位は、その瞬間の電力量を表しています。

住宅用太陽光発電システム | 太陽光発電・蓄電システム | Panasonic
住宅用太陽光発電システム | 太陽光発電・蓄電システム | Panasonic
エコめがね | 3つの安心で太陽光発電を見守り
エコめがね | 3つの安心で太陽光発電を見守り
太陽光発電 | 環境ビジネスオンライン
太陽光発電 | 環境ビジネスオンライン
株式会社ホンダソルテック
株式会社ホンダソルテック
Copyright(c) 2013 太陽光発電で効率節電 All Rights Reserved.